体外受精の流れとは?|早く妊娠したい

体外受精の流れとは?|早く妊娠したい
Line

体外受精の流れとは?|早く妊娠したい


体外受精の流れとは?

体外受精の流れとは、こういったものになります。

1.排卵誘発2.採卵3.精子採取4.媒精5.培養6.胚移植まずは排卵誘発剤を使って、卵子を刺激し、卵子の数を増やして卵胞を育てていきます。

この排卵誘発剤は毎日打つ必要があります。

そして卵胞が育ったら、卵子を取り出します。

これを採卵と言います。

採卵は人によって数が異なりますが、大体5〜20個ほど採卵することができます。

そして、夫の精子を取り出し、卵子に振りかけて、受精させていきます。

受精できたら、培養します。

受精卵は細胞分裂をするのですが、4分割もしくは8分割できたら、子宮に戻します。

これが胚移植です。

大体採卵してから約2日後に胚移植します。

胚移植して2〜3週間後に妊娠判定をします。

これが体外受精の流れになります。

もし、妊娠判定が陰性の場合は、再度胚移植をします。

また最初からではなく、余った受精卵は凍結保存することができるので、それを移植することができるのです。

ただ、成功率はそんなに高くないので、一度では妊娠できないことが多いんです。

そのため、体外受精をするときは、焦らないで取り組むようにしましょう。


当サイトの人気記事

 1番人気! 早く妊娠したいなら葉酸サプリがおすすめな理由(私が切り替えた葉酸サプリ)  
アナ雪の主題歌が話題になった松たか子さん、魔裟斗さんの奥さんで、不妊治療の末に妊娠・出産したタレントの矢沢心さん、医師である木下博勝さんとの結婚が話題になり、長期間不妊治療を続けて出産したことで知られるジャガー横田さん、中西モナとして活動していたこともある山本モナさんは不妊治療の末に女の子を授かり、その後、第二子の男の子も出産、女優の千堂あきほさんは長期間の不妊治療の末に女の子を授かりました
Line